頂ける感謝の気持ちを支えに頑張れる仕事

私は訪問介護のヘルパーとして勤務していました。
介護の仕事は求人も多い為、資格さえあればヘルパーの仕事へ就くのはとても簡単でした。
面接をしたその日その場で採用が決まることもあったほどです。
私が訪問介護を選んだ理由は、一人一人のお客様とじっくり向き合えるからだと思ってのことでした。
訪問介護は、主に生活援助と身体介護に分かれます。
お客様個々のケアプランに沿ってケアをするのですが、実際にケアに入ると時間はいつもぎりぎり
じっくりお客様と向き合ってという時間は、ほとんどありません。
時間内にケア内容をこなすことが精一杯なのです。
仕事に就いた当初は、想像していたものと違いこんな慌ただしい仕事なのかと驚いたものです。
また、わがままなお客様だったり難しい性格のお客様だったりすると、こちらが一生懸命にケアにのぞんでいたとしても
気持ちが通じないこともあり、厳しいご指摘を受けたり、会社へクレームがくることもあるのです。
一対一のケアの難しさを感じる仕事であり、責任も重い仕事です。
ハプニングが起きても、一人で対処しなければなりませんし、それなりの覚悟を持ってしっかり仕事に励まないと
続かない仕事だと実感しました。
ヘルパーの仕事をしている時に、辞めたいと思ったことは数えきれないほどですが
お客様からの感謝の気持ちを頂けることが何より嬉しく、それを支えに自分の気持ちをどうにか繋ぎとめていたのだと思います。

体は勿論、とても神経を遣う仕事です。ストレスや疲れを解消する自分自身のケアもとても大切なのです。
ヘルパーを仕事を経験したことで、自分自身も成長し強くなれる、そんな仕事なのです。